タグ:ブランディング ( 6 ) タグの人気記事

いま、モデルハウスを建てるなら、ここは押さえておきたい!

昨年はモデルハウスを核としたブランディングやプロモーションを数多く手がけました(寄稿している新建ハウジングプラスワンの連載もそれがテーマでした)が、今年もいくつか手がけることになっています。

モデルきか前に相談がある場合と、おおよそのアウトラインが決まってから話が来る場合と、大きく二つのパターンがありますが、今年の場合、消費税増税というトピックがあることをどう捉えるかが、モデル成功の鍵となると言えます。

絶対条件として、(大きなトレンドを押さえた上で)増税後の市場に対応できるモデルハウスになっているかいうことがあります。

想定施主、価格帯、性能、テイストなど、自社の強みを具現化しつつ、二極化がさらに進むであろう今後の住宅市場に対応できるものになっているか、その点は、どこの時点の依頼であってもまず確認します。

e0093018_1048888.jpg


漠然と工務店で家を建てたいと思っている方は、「建築家やハウスメーカーみたいな家を自分たちの要望も取り入れて、安くつくりたい」と考えている方が多いので、いままで通りその層を狙うのか、建築家に負けない設計力やセンス、ハウスメーカーに負けない対応力などを身につけて、そうした既存の工務店像でない家づくりのスタイルをブランディングしていくのか、モデルハウスを計画する際にはしっかりと考えていただけたらと思っています。

よくある失敗は、経営者は二極化した上の層を狙いたいと思っているのに、現場サイドはいままでの顧客層に応えたいと思っていて、「こんな高い家は売れない」とか、準富裕層向けのモデルをつくったあとに「高そうって言われるので敷居を下げたい」というようなことを言いだすパターン。

これは、計画時にちゃんと想定施主が社内で共有されていないために起こる問題です。

プロモーションで「上」の層を呼び込むことは可能ですが、体制がそれに対応できるものになっていないと、ずるずると前の層に戻ることになります。

もっとも、ずるずる下がるということは、そこに需要があり、そこに対する対応力もそれなりにあるという訳ですから、そこを受注してもきちんと利益が出る家づくりを考えておくという手もありだと思います。

市場のφは小さくなる一方ですし、ボリュームゾーンの子育て世代の住宅取得予算も低下しているのは間違いないところですから、そうした現実的な「落としどころ」も意識した上で、今年のモデルハウスのプロモーションは考えていきたいと思っています。
[PR]
by adsan | 2016-02-04 10:51 | 今日も出張ってます。

工務店ブランディング講座開講

工務店学舎の人気コンテンツ、「ブランディング講座」が今年も開講いたしました。

e0093018_9371774.jpg

毎年遠方からの参加者が多いこの講座ですが、今回も熊本や高知、富山などからのご参加いただきました。

講座の募集をすると、「なかなか時間がなくて」とか、「近くだったいくのに」とか、よく言われます(笑)が、本当にそこから得たいものがあるなら、時間をつくってでも、電車や飛行機を乗り継いででも、会場まで足を運ぶというものです。

ことブランディングに関していうと、「自分たちはこういう旗を揚げ続けるんだ」という強い意志がないと絶対に失敗します。

その点、今回参加いただいたみなさんは、距離も時間も飛び越えての参加であり、強い意志があることは明らか。初回を終えて、こちらも「その志に必ず応えるぞ!」という思いを新たにしました。


さて、昨年までは様々な角度からブランドについて解説してきましたが、今年は自社ブランド確立にフォーカスしたプログラムとしています。

3回の講座を終えると、自社の強みを把握でき、自社の掲げるべき旗とやるべき施策が見えてくるというわけです。

初回の講座は、ブランディングの基礎知識について座学中心で学んでいただきましたが、2回目以降はワーク中心で、自社の強みを参加者とともに見つけていきます。

このブランディング講座、3回セットで開催するため途中参加はできませんが、4月以降に2016年版も開校していきます。

メルマガ登録していただくと、開催に関する最新情報がメールで届きます。

メルマガ登録はこちらから。

[PR]
by adsan | 2016-02-01 17:00 | 今月のお仕事

2014ブランディングセミナー開幕。

昨年も好評だったブランディングセミナー、今年も全5回で開催されますが、その1回目が自由学園明日館にて開かれました。

さすがに年度末、増税直前、2月の大雪後遺症とトリプルパンチでやむなくキャンセルの方が数名出てしまいましたが、それでも全国からリピーターの方も含めてご参加いただきました。

初回の講師は、昨年最終回にご登壇いただいた星加ルリコ(ルリコプランニング)さん。
e0093018_18144111.jpg

星加さんとは彼女が都市計画のコンサル事務所で企画畑の仕事をしていたときに知り合ったのですが、その後地元神戸に戻られ独立。女性らしい感性を持ちながら男性的な論理的な組み立てもできるブランドプロデューサー・アートディレクターとして、神戸市や神戸ビーフ、R1/Fなど大手のブランディング・プロモーションを手掛けるなど不動の地位を確立。同業の自分にとってもいつも刺激をたくさんもらっている存在です。
e0093018_18152467.jpg
さて、そんな星加さんの講義のスタイルは、いつも「しつもん」で進みます。
自分のなかに答えを探してみると、わかっていること、わからないことが明確になり、
講義の内容もすっと自分のなかに落ちてきます。

e0093018_18173633.jpg
それにしても、今回はこの忙しいなか時間をつくって来ていただいた方ばかりでしたので、
いつになく、受講者の意気込みがすごいというか、真剣だったと感じました。


後半は、「ワールドカフェ」で。

具体的には、それぞれのテーブル毎に机上の模造紙に自由にメモを描きながら20分程度の話し合いを行う手法です。これをメンバーを変えながら3回程度行います。それぞれのテーブルで出たアイデアが「他花受粉」するようなイメージで、テーマに対する「文脈(コンテクスト)」が短時間で深まり、大変盛り上がる効果があるといわれてます。
e0093018_18181517.jpg
ファシリテータが手を上げたら、参加者も手をあげてテーブルチェンジ。


e0093018_18360295.jpg
最後に元のテーブルに戻って、発表して終了。

実はこの手法を体感してもらうのも、今回の狙いでした。というのは、ブランディングは経営者の理念も大事ですが、それをスタッフや協力会社の方と「共有」することがとても重要だからです。

その点で、今回参加いただいた方から「会社に戻ってぜひやりたい」という声が聞かれたのは、大きな収穫でした。

次回は5月、この体験をもとに、具体的に自社のブランドについて掘り下げていきます。

今後のブランディング講座のスケジュールはこちらからご確認ください。スポット受講も可能です。





[PR]
by adsan | 2014-04-01 08:00 | abワークショップ

2014、春のセミナー情報

3月後半から、いよいよ各種セミナーが本格的に開講します。

まずは、工務店 ブランディングセミナー2014。

e0093018_2337089.png


昨年好評だったブランディングセミナーとセルフブランディング講座を1本化して再構築しました。

初回は3/28(金)、自由学園明日館にて、神戸市や神戸ビーフなどのブランディングを手掛ける星加ルリコさんによる講義と「ワールドカフェ」形式のワークショップ。

ブランディング体験を参加者のみなさんでシェアしていただきます。

このセミナー、

「まわりがみんな自然素材や地元の木の家を謳いだし、差別化できなくなった」

「ハウスメーカーも軒並みエコ路線になり、エコハウスを謳っても市場に響かない」

そんな悩みをもってらっしゃっるみなさんに、まず「ブランド」とはなにかを知っていただくために企画しました。

4月の第2回では、自社のブランディングのタネを見つけていただきますが、そこでの理解を高めるためにも、この2回はぜひセットで受けていただけたらと思っています。

ブランディングセミナー2014の詳細はこちら
[PR]
by adsan | 2014-03-11 08:00 | abワークショップ

忙しい今だからこそ、次を考える。

駆け込み受注や大雪の影響か、例年にも増して現場がバタバタしているところが多いように感じます。

プレカット工場や住設メーカーも雪で被害を受けたりと、現場以外でも影響があったせいか、撮影でお邪魔するといつもは完璧に仕上がっている工務店さんでも、残工事があったり外構が間に合っていなかったことも多くなってきました。

そんな状況ですが、1年先を見通すと棟数や売り上げなどの数字が見えていないところがほとんど。だからこそ、この忙しい時期に危機感をもって次の手を打つ必要があるともいえます。

e0093018_14211927.jpg

駆け込みのおかげもあり、今年は見学会を開く機会が多いはずなので、見込み客との接点は多くとれます。そのときに重要なのは、お客さんにブレのない工務店像を見せられるかどうかということ。見学会に来る度に、「ああ、やっぱり○○工務店っていいよね」とじわじわと自社のブランドイメージを染みこませることができるかが重要になってきます。(写真は家づくりも経営もブレがない扇建築工房さんの近作)

もちろん、見学会を開く度に「あ、こんなこともできるんだ」という新しい発見をしてもらうことも大切ですが、軸となるところはしっかり据えておかないと、「指名」してもらえる確立は低くなります。

ぶれない軸をつくるにはどうしたらよいか?

それには、まず「ブランド」とはなにかをしっかり理解して、それを自社でどう実現するか具体的に落とし込んでいくことです。

e0093018_14132254.png

今年、「工務店学舎」で開催するブランディングセミナーは、そうした「実になる」セミナーとなるよう、昨年からさらにブラッシュアップいたしました。

e0093018_13565086.jpg初回は、私の古くからの友人でもあり、行政や大手企業のブランディングで活躍されている星加ルリコさんにご登壇いただきます。

星加ルリコさんですが、行政や大手企業だけでなく、写真のように野菜のブランド化もやったりしてます。もともと設計事務所にいたこともあり、建築についての造詣もあり、業種・商品問わずブランドの本質について理解されています。昨年もスポットで講師をお願いしましたが大好評でしたので、今回はトップバッターとして登場していただくこととしました。


初回は「ワールドカフェ」という手法を用いて、参加いただいたみなさん全員が意見し交流する場としていきます。「ワールドカフェ」という手法そのものも、それぞれの会社で活かせるものですので、この手法もぜひ自社に持ち帰っていただければと思います。

すでに7名ほどの方から参加申込みをいただいておりますが、「○○工務店(自社)とはなにか」が一言で言えない方は、ぜひこのセミナーに参加して自社のブランドの軸を確立してください。

そこが定まらないと、なにをやっても中途半端になります。

これまで8年間工務店のプロモーションばかりをやってきましたが、少ない広告費で成功しているところと、たくさん広告費を使ってもうまくいかないところの差は、まさにそこにありました。

申込み締め切りは、3/24ですが、残り半分ですので締め切り前に定員に達する場合もございますので、これはいかねば!という方はお早めにお申し込みください。

スポット受講も受付していますが、初回と2回目はぜひセットで受けていただければと思います。

詳細・お申し込みはこちらから。

初回は、3/28(金)、自由学園明日館での開催となります。
[PR]
by adsan | 2014-03-04 16:31 | お知らせ

新年あけましておめでとうございます。

新年あけましておめでとうございます。

昨年は、震災に加え闘病生活があり、個人的にもなかなかたいへんな年ではありましたが、終わってみれば、新しくはじめた「小さな家。ネット」でのさまざまな活動もあって、充実した一年を過ごすことができました。

今年はすでにモデルハウスのプロモーションが7つほど舞い込んできているので、引き続き「住宅デザイン学校」として活動するネットワーク事務局業務も含めて、これまでで一番忙しい一年になることは間違いないようです。

業務内容としては、株式会社アドブレインはプロモーションよりブランディングに立ち位置を移動し、「比較しない消費者」に選ばれる強い会社づくりのお手伝いを行っていこうと考えています。一方、各種クリエイティブは、そのための興した株式会社 ab-designworksに頑張ってもらいます。…どちらも頑張るのは自分ですが(苦笑)…こちらは既存の手法にとらわれず、「伝わる」クリエイティブを追求していきます。

ということで、本年もよろしくお願いします。
[PR]
by adsan | 2012-01-06 17:59 | お知らせ