<   2013年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

新しい家づくりの学び方を学ぶ

e0093018_10401923.jpg

鹿児島のアーキテクトビルダー「ベガハウス」が、経営・設計・営業・施工すべてに関わってサポートした取り組み、「くおんの家」プロジェクトを見る見学会&セミナーを開催します。

これまで、パッシブシステム(地熱)以外に明確な売りがなく、低下する予算に悩まされてきた工務店が、本当に心地よい家づくりに出会い、それを目指そうと決意し、三重と鹿児島を何度も往復してつくりあげたショーホーム「くおんの家」。

e0093018_10405297.jpg
それは、ベガハウスがこれまで、伊礼智さん・中村好文さんといった住宅作家、家具作家の村澤一晃さん、造園家の荻野寿也さんといったスペシャリストとのワークショップで育んできた、ゆたかな住まいのDNAを確かに受け継いだ住まいです。

今回は、その「くおんの家」ショーホームをご覧いただきながら、新しい家づくりの方法を学んでいただく勉強会になります。

経営者だけでなく、設計、現場担当、そして大工さんまで、気づきの多いセミナーとなること間違いなしです。

ぜひ、スタッフのみなさまとご参集ください。


開催要項

日時 2013年10月29日(火)
場所 三重県鈴鹿市白子


1. 見学&現地解説:ショーホーム「くおん」の家

13:00-16:30  参加費:5,000円/名

e0093018_10413664.jpg

ベガハウスの設計作法でつくられたショーホーム「くおんの家」。その建築家仕込みの凝ったディテールを初めての施工で構築できた秘訣について、社長の辻さんをはじめ、大工さんに現場で解説いただきます。荻野さんが手掛けた庭も必見です。


2. セミナー&懇親会

17:00-20:00  参加費:10,000円/名

くおんの家プロジェクトの全貌をお話しながら、続く懇親会で深堀りしていただきます。

「家づくりは変えられる」  ベガハウス代表 八幡秀樹

気づきから行動、そして覚悟まで、このプロジェクトの経緯と今後の方針について、ベガハウスの八幡社長と久友建設の辻専務にお話いただきます。

「客層も変えられる」  アドブレイン代表 塚本浩史

これまでに出会ったことのない客層とどう出会うか?「くおんの家」のブランディングを担当したアドブレインから、その手法と得られた成果について解説します。

※会場集合となります。最寄り駅 近鉄白子駅 徒歩10分
※セミナー・懇親会会場は見学会場近くとなります。
※三重県の設計事務所・工務店の方は、お申し込み前にご相談ください。

お申し込みはこちらから。
[PR]
by adsan | 2013-10-08 09:05 | abワークショップ

ブランディング講座最終回 プレゼンテーション

e0093018_12115861.jpg

全5回で企画した小さな工務店、設計事務所のためのブランディング講座も今回で最終回。4回の講義を元に参加者に自社の家づくりをプレゼンテーションしていただきました。

e0093018_12121117.jpg

審査員として、昨日に引き続き星加ルリコさんに参加していただき、(正確にいうと、こちらが先に決まっていて、前日のイベントにも参加してもらったというのが正しいですが)それぞれ5分という短い時間でのプレゼンテーションを講評いただきました。

e0093018_12123464.jpg
プレゼンテーションについては、5分間という時間の制限だけで、表現方法は参加者のお任せとしましたが、トークだけの人もあれば、パワーポイントを駆使したプレゼンの方もいて、個性溢れるものになりました。

e0093018_12122459.jpg

ここで改めて気づかされたのは、トークだけのほうが話に集中できて、想像力も膨らみ、どんな家をやっているのかホームページを見に行きたくなったり、いろいろ質問したくなったりしたこと。

e0093018_1220294.jpg

無論、興味を引き出すためのストーリーやフック、明確なビジョンがそこになくてはいけませんが、5分という限られた時間のなかでは、すべてを説明しきろうとするのでなく、注目させ、興味を引き出すというところに注力したプレゼンテーションもアリだということが、体感的によくわかりました。

e0093018_12131176.jpg

公開審査の末、「こころがざわざわする」というキャッチーなコピーと、町の歴史、自身の思いを家づくりにつなげたプレゼンで最多の会場票を獲得した飯田陽子さんが最優秀プレゼン賞に。

e0093018_12132431.jpg

木訥とした話し口と、会ってみたくなるご夫婦の写真で審査員票をまんべんなく獲得した菱田恵史さんが特別賞に。ゲスト審査員の村田さんから、放射温度計をプレゼントされました。

e0093018_1213345.jpg
第3回の講師をお願いした阪野ルリコさんからも、感想をいただきました。彼女の話しぶりからプレゼンの極意を感じ取った方も多かったのではないかと思います。

毎月遠方から参加された方も多く、参加するだけでもたいへんだったとは思いますが、「どういう方向で今後やっていけばいいか、道筋が立てられた」という声も多く聞かれ、参加者のみなさんそれぞれがブランディングに向けて一歩踏み出せたセミナーになったようです。

これで1期生の講座は修了しましたが、頃合いをみて2期生の募集をしたいと思ってます。
[PR]
by adsan | 2013-10-01 12:22 | abワークショップ