<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

実物件の写真で見学会チラシをつくる

e0093018_10291396.jpg
来週末に見学会を開催するnarrativeさんの物件です。前エントリーの水彩パースの家です。薪ストーブと図書館のような大きな書棚、デッキにはぶどう棚もあり、休日は家でのんびり過ごしてしまいそうな住まいに仕上がっていました。


e0093018_11122639.jpg見学会のチラシをつくる場合、なかなか当該物件の写真を使えない場合が多いですが、ウチの場合、ぎりぎりのスケジュールを組み、なんとかその物件の写真を使えるように段取りしています。外観は外構が間に合わないので竣工後の雰囲気が伝わる「絵」で表現します。

この日も朝いち新幹線で現地入りし、撮影してとんぼ帰りでデザイナーに指示、木曜撮影で翌木曜に折込センターに納品という日程で現在進行しています。

地元ではないところだと移動や輸送のロスもあるのでけっこうたいへんですが、「この物件を見たい」という思いを作り出せれば、お客さんのアクションにつながりますから、ここは労を惜しまずやっています。


e0093018_11135587.jpgたかがチラシ、そんなムリしなくても「できあい」のものを使えばいいかもしれませんが、「他社のチラシを借用したけど、うまくいかなかった」という声を聞くのも事実。やはり、「伝えたい」ことが違う以上、いくらきれいな写真やかっこいいデザインを真似てもうまくいくはずがありません。仮に集客できたとしても、自社の家づくりと合うかは疑問です。


e0093018_1113869.jpgチラシだけでなく、ホームページや名刺、現場シートなどすべてですが、自分たちを正直に表したもの「纏う」ことはとても大切なことだと考えています。
[PR]
by adsan | 2008-09-28 10:33 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(2)

外観パース

e0093018_2356304.jpg
CG、パース屋さんもいいですが、こういうタッチで描いてもらうと、
グッと雰囲気が出ますよね。
[PR]
by adsan | 2008-09-21 23:56 | 今月のお仕事 | Trackback | Comments(0)

まだまだ暑いぞ、熊谷。

e0093018_21174650.jpg
熊谷駅前です。アーケードからなにやら霧のようなものが。


e0093018_21175919.jpg

ドライミストです。今年の6月に設置されたそう。

周辺の気温を2~3度下げることができ、家庭用のエアコンの1/20エネルギー消費で済むとか。

下に立ってみましたが、その名の通り、濡れる感じはありません。

…が、涼しいかといわれれば…(苦笑)
[PR]
by adsan | 2008-09-17 21:22 | 今日も出張ってます。 | Trackback(1) | Comments(2)

秋の陣スタート

e0093018_12505071.jpg
9月に入り、これから年末に向けて見学会ラッシュになります。先週末は地元浜松もかなりの住宅関連のチラシが入りました。他社のチラシがたくさん入ったほうが市場は活性化するので、いい傾向だと思います。

ひさしぶりに仕事させていただいた工務店さんの見学会は、名簿が取り切れないほどで、今までにない勢いがあったようです。

最近は、来場者とクライアントとのマッチングを重視しているので、絶対数は気にしていないのですが、会場がにぎわうと工務店も元気になりますから、こちらもいい傾向だったと思います。

とある会議で、「折込チラシは、新聞を購読する人が減っているからやってもムダ」というコンサルの発言がありましたが、ちゃんと媒体やターゲットの特性を読み込めば、まだまだ効果のある媒体だと思っています。今回のチラシは、その点を重視して企画しました。

もちろん、チラシだけでなく、クロスメディアでやる必要はあると思いますが…。
[PR]
by adsan | 2008-09-16 12:50 | 今月のお仕事 | Trackback | Comments(2)

土曜住宅学校

e0093018_23144733.jpg
この日は、趣旨に賛同して協力させていただいた土曜住宅学校を聴講すべく、明日館に。
第一回のゲストは、中村好文さん。

テーマは、佐久平を望む小屋「LEMM HUT」。

e0093018_2315977.jpg
この話、昨年末の「名古屋公演」でもあったのですが、渋滞に巻き込まれ途中からしか聞けなかったので、最初から聞くことができて大満足。

スライドの合間に好文さんが語った、「楽しんで仕事する」、「居場所をつくる」、「足るを知る」「理詰めで考えない」「教示的なのはきらい」「施主と呼ばず、クライアント(依頼者)と呼ぶ。本当の施主はお客さんでなく、家そのもの」という言葉にいちいち肯いてました。(笑) 

懇親会では、「替え歌好き」という意外な一面もかいま見られて、とても愉しい時間を過ごすことができました。(そういえば、奥村まことさんも替え歌名人でしたが、吉村順三さんからの流れなんでしょうか?(笑))

最後に少しだけお話させていただく機会があったんですが、このブログ(大磯の家の記事)も見たことがあるとのことで、ちょっとびっくりしました。検索エンジン、おそるべしです。(汗)
[PR]
by adsan | 2008-09-15 23:15 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(2)