<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

親子エコツアー

e0093018_20281624.jpg
打ち合わせのために来浜されたヤマヒロの三渡さんを連れて、「地球のたまご」に行ってきました。

少し寄り道しながら、市内の建築事情・工務店事情を説明しつつ、たまごへ。すると、観光バスが駐車場に待機してました。

何のイベントかなと思い中に入ると、静岡県地球温暖化防止活動推進センター主催の「親子エコツアー」でした。

「住まいの省エネについて、遊びながら楽しく学ぼう!」というテーマで、たまごの見学に来ていたそうです。

今回は静岡県の推進センターの主催でしたが、「他の地域にもセンターがあるので、コラボしては?」と協会の村田さん。

エコショップや拠点のある工務店は、一考されてはいかがでしょう。
[PR]
by adsan | 2007-08-24 20:16 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

選ばれる条件

このところ、ショップやレストランの仕事が増えてきたこともあり、今まで以上に消費者の心理や行動について、考えることが多くなりました。

その中ではっきりしてきたことは、その店を気に入るかどうかは、全体を網羅した細かな条件の比較ではなく、ある一点での評価であったり、漠然とした感覚的なものが大きいということ。

つまり、いろいろな仕様やスペックを並べ立てたものを用意するより、建物やスタッフの対応、hp、パンフ(ロゴなども含めて)の印象を良くしていくほうが、ユーザーから支持される可能性は高いといえます。

これは、これまで行ってきたユーザー取材でも感じていたことですが、作り手のこだわりとは違う部分で、ユーザーはその会社を選んでいることがほとんどです。

取材で見えてきたことは、「興味」の部分にせよ、「確信」の部分にせよ、「詳細」は決定打になっていないという結論でした。

自社のUSPをはっきりさせることは大事ですが、それをただ列記してもムダ。

どうやって、それをユーザーのベネフィットにつなげるかという発想がない限り、スペックの列記は自己満足にしかなりません。

もし、ユーザーから支持されるのであれば、詳細なスペックそのものよりも、情報を開示するという姿勢のほうでしょう。

家を「商品」として捉えて買う人を対象にするか、作り手の思いや人柄まで含めて、協働して家を「建てたい」と思っている人を対象にするか、そこで、やるべきことが見えてくると思います。
[PR]
by adsan | 2007-08-08 10:20 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

夏期休暇のお知らせ

まことに勝手ながら、8/13(月)〜17(金)まで夏期休暇をいただきます。
[PR]
by adsan | 2007-08-07 12:14 | お知らせ | Trackback | Comments(3)

台風の中、撮影

今日はカフェレストランレンリさんの新メニューの撮影に。

撮影晴れオトコの異名を持つわたくしですが、さすがに台風には勝てませんでした。

料理が出てきて、シャッターを切ろうとした瞬間に、ドカーンと大雨が。

通り雨で済んで撮影が無事終了したということで良しとしますが。(苦笑)

雨と汗でずぶ濡れになりながら撮影したのがコレ。
e0093018_2246557.jpg


撮影後、グビっと行きたかったのですが、このあとコンサルだったので断念しました。(涙)
[PR]
by adsan | 2007-08-02 22:46 | 今月のお仕事 | Trackback | Comments(0)