<   2005年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

ブログ活用法 SEO対策基本編

最近、工務店さんでもブログをはじめるところが増えてきました。このexciteのブログにもたくさんの工務店関連のブログが存在しています。

ブログのよいところは、更新が簡単にできるところですが、一番の特徴は検索エンジンに引っかかりやすいこと。その仕組みを説明すると長くなるので割愛しますが、とくにこのexciteのブログはよく検索エンジンにひっかかります。しかし、どちらかというと、自社hpを見たユーザーや身内向けの内容のブログが多く、積極的に新規客をネット上から拾おうというところはまだまだ少ないようです。検索エンジンは、テキスト(キーワード)・テーマ(ページ内でのキーワードの出現率)・リンク(質と数)の3つを総合的に判断し検索結果として表示しますが、一番のポイントはタイトルや説明文の付け方です。

たとえば、浜松で木の家を建てたい人が、「浜松で木の家」とgoogleに打ち込んだとします。結果は実際に打ち込んで確認してもらうとして、このようにタイトルや説明文を一工夫するだけで、自身のブログに誘導できる可能性がぐっと高くなります。これは、ブログに限らずhpも同じですが、ブログのほうが効果が出やすいので、一度試してみてはいかがでしょう。

ちなみに、我がアドブレインのサイトは現状ネット経由の一見さんを積極的に取ろうという方針(余裕)がないので、サイトそのものがすごくいい加減です(苦笑)。そろそろ素材も揃ったので年明けまでにはちゃんとしようと思い、とりあえず、「地域工務店 販促」でトップに検索されるようにはしてあります。
[PR]
by adsan | 2005-10-31 21:25 | 販促小ネタ集 | Trackback | Comments(2)

amadana マルチリモコン

e0093018_124352.jpg「美しいカデン」といキャッチコピーでオリジナルブランドの家電を展開している リアル・フリートという会社のブランド 「amadana」のリモコンです。主要な家電メーカーのテレビやDVDプレイヤーのリモコン信号がプリセットされていて、これ一台で複数のAV機器が操作できるというのが売り。つまり、リモコンだらけで、ソファまわりがなんとも片付かないという状況を解決してくれるシロモノなんですが、残念ながら、ウチのAV機器にはこのなかにプリセットされていないものもあって、残念ながらその解決にはなりませんでした。もっとも、このデザインと手に持ったときの重量感に一目惚れして購入したので、そのあたりは全然気にしてません(笑)。(使えるか調べずに買ってきてるし)

このシリーズ、このほかに電卓・シュレッダー・ヘッドフォンなんかも出てまして、どれもカッコいいです。今、調べたら、学習機能付きのリモコンが発売されてました。ちょっと悔しいけど、こっちのほうがカッコいいから大丈夫です。(やせ我慢?)
[PR]
by adsan | 2005-10-30 01:22 | モノとカタチ | Trackback | Comments(0)

とある見学会に行ってきました。

今日はお昼ごはんのついでに、浜松市内のとある建設会社の見学会に行ってきました。(OMの加盟工務店ではありません。)物件は天竜杉を使ったデザイナーズハウス。デザイナーズハウスといっても、モデルの設計を建築家がやってるだけで、その家はそれ風に作ってあるというだけでした。似て非なるものとはこのことかと思いましたが、それ以上に気になったのが受付でのスタッフの態度。クルマで入っていったところ、いかにも役員風のおじさんがふんぞり返ってタバコをふかしたままこっちを眺めているだけ。さすがにクルマを降りるころにはこちらへ歩いてきましたが、いかにも品定めするような目つき。これじゃ建てる気なくなる人もいるだろうなあとちょっと心配になりました。接客してくれた設計のスタッフはちゃんとした人だっただけに残念です。

接客話でいうと、最近気になるのは、「追いかけない営業」を勘違いしてる人が多いこと。見学会なり、ショールームなり、わざわざそこに足を運んできているのは何かを知りたいからなのに、それに応えようとしない営業マンが意外と多い。これは、住宅メーカーに限らず、クルマのディーラーに行ってもよく感じることです。個人情報保護法のせいか、名簿を取ることを控えてるのかもしれませんが、自宅にいながらにして情報を収集できるインターネット時代にあって、ユーザーから接触してきているのに、実にもったいないですね。
[PR]
by adsan | 2005-10-29 17:38 | 雑記 | Trackback | Comments(0)

フォルクスAベーシック

e0093018_1363341.jpg昨日から福岡でフォルクスAベーシックの撮影にきております。といっても私はディレクター兼アシスタントとして。今回はカメラマンにスタジオフォーカスの熊谷さんを起用しました。ひさびさに一緒に仕事させていただきましたが、限られた時間のなかで手際よくキレのある写真を撮っていただきました。(掲載写真は私の撮影です。念のため) 天気もよかったので仕上がりが楽しみです。
[PR]
by adsan | 2005-10-25 13:08 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(4)

シューメーカースツール

e0093018_12494111.jpg
浜松にある北欧家具のお店、「デニッシュインテリアス」さんから購入した一品。デンマークのWerner社の製品です。もともとは、ミルキングスツール(乳搾り用)として農場で使用されていたもののようで、1936年にデンマークで量産されてから、靴職人が使い始めたことにより、シューメーカーチェア(靴職人のスツール)と呼ばれるようになったそうです。
e0093018_12512381.jpgおしりのラインにフィットするくぼみが特徴で、我が家ではカウンター用の椅子として活躍してました。「・・・ました」というのは、今の家にはカウンターがないから。新居建てたら、この椅子が収まる場所考えないと。
[PR]
by adsan | 2005-10-23 12:50 | モノとカタチ | Trackback | Comments(3)

大蔵さんの仕事

e0093018_23154875.jpg大蔵建設さんといえば、近山の実践者として、また、行政や設計者など地域でのネットワークの成功者としてつとに有名だが、設計力も「地域建築賞」を受賞するだけあってレベルが高い。今回は販促ツールの打ち合わせもかねて何件かを見せていただいたが、「伊那谷ベーシック」なるマイシステムを構築しているだけあって、レベルが高い上に粒が揃ってきた印象を受けた。販促を手がける側としては、スタイルがあるほうがやりやすい。なんでもアリだと、ただの施工写真集にしかならないから。当初は、近山路線で押そうかと思っていたが、今の大蔵さんならもっと違う切り口がありそうだ。

この物件は、無農薬野菜の栽培を営むお施主さんのための家。



e0093018_2257633.jpg
こちらは、竣工間近の現場。職方さんたちもイキイキと仕事をされていて気持ちがよかったです。
[PR]
by adsan | 2005-10-20 23:09 | 今日も出張ってます。 | Trackback(1) | Comments(7)

長野といえば その2

e0093018_2241773.jpgワインもいいですが、やはり、長野といえば「そば」でしょう。なかなかうまい蕎麦屋を探すのは難しいですが、今回は飯田の工務店さんに案内してもらい、うまい蕎麦にありつくことができました。「屯」という変わった名前のこの店は、飯田」市街からクルマで10分ほど走ったりんご畑の中という、知る人ぞ知るといった場所にありますが、平日の昼間ながらけっこう混んでました。設計事務所の岩村アトリエにいたというオーナーが趣味が高じて出した店のようで、飯田の町並みを一望できるロケーションも含め、お店そのものもなかなかイケテました。
e0093018_224861.jpg肝心のそばもしっかりそばの風味が残ったおいしいおそばでしたよ。
[PR]
by adsan | 2005-10-20 22:03 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(1)

長野といえば

e0093018_2275340.jpg今回はクルマで移動ということで、仕事の合間にマンズワインの工場にも行ってきました。サントリーの工場には何度か行ったことがあったので、「広告屋」としてプレゼンテーションの違いを見ようという意図もちょっとありました。マンズワインというと甘いワインばかり作ってるイメージがあったのですが、最近はそうでもないようで、1本1万以上する高級ワインも作ってました。実際売れているのも高級ワインが多いようで、千円くらいの安いのは輸入ワインに押されているといってました。
おもしろいと思ったのは、独自の栽培方法で実ったシャルドネやカベルネ・ソーヴィニヨンをその場で食せるところ。意外と味の違いがあり、そのあとの試飲が楽しみになるという仕掛けはサントリーにはない試み。違いといえば、案内してくれる人が、サントリーは専属の女性だったんですが、こちらはおじさんでした。でも、実際に現場で働いている人のようで、説明が覚えたコトバでなく、身についた知識だったことも好感がもてましたね。あと、プレゼンビデオは昭和の香りがプンプンしてましたが、ワインづくりへのこだわりが表現されていて、マンズワイン侮りがたし!という印象を持ちました。


e0093018_2282062.jpg手作業でていねいに房をはずしていたのは、高級国産ワインのもととなる信州東山カベルネ・ソーヴィニヨン。残念ながら、このワインは品切れで試飲もできませんでした。
[PR]
by adsan | 2005-10-20 21:49 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

北北東に進路をとれ

出張といえば、新幹線に乗ってというパターンがほとんどだが、今週はかみさんのボルボを拝借して、甲信方面へ。甲信といえば、木の家ブームもあって、比較的元気なエリアだ。今日訪問したA社は、集客・成約とも好調だが、それに甘んじることなく、よい緊張感を持って仕事をされていた。現状を確認し、次なる展開の提案をして、今日の宿泊地まで北上。今日の宿は温泉の健康ランドがくっついたビジネスホテル。ビジネスのユニットバスではくつろげないし、かといって温泉宿では仕事モードに戻れなくなりそうなので、この組み合わせはアリかも。ちなみに、佐久平駅前の「佐久平プラザ21」ってとこです。一泊7200円ナリ。
[PR]
by adsan | 2005-10-18 21:18 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

これまでのお仕事総集編

2月に開業してから、早8ヶ月。モデルハウスオープンに関わる仕事あり、ホームページあり、チラシあり、看板ありと、カタチに残るものはいろいろとありますが、基本的には、その前段階で、市場とクライアントを結びつける作業=コンセプトメイクをやってきています。(これも、企画書で出しているので一応カタチにはなってますが)
簡単にいうと、ターゲットを決め、そのプロファイリングをし、クライアントの持つ商品と結びつけるフックを考える仕事です。そのためには、いろいろと情報を開示してもらわなくてはいけませんし、こちらからの提案を盛り込んだ商品づくりや体制をつくってもらう必要も出てきます。肝心の「売り物」がモノにならない限りは、いくら広告で集客しても意味がないからです。正直、コンセプトメイクはできたけど、モノにそれが反映されず中途半端な広告になってしまった例もあります。

ということで、このコンセプトメイクの大切さをご理解いただいて、一緒に商品化を考えていただけるクライアントと長くおつきあいしたいと思ってます。
[PR]
by adsan | 2005-10-09 00:12 | 今月のお仕事 | Trackback | Comments(0)