カテゴリ:今日も出張ってます。( 213 )

いま、モデルハウスを建てるなら、ここは押さえておきたい!

昨年はモデルハウスを核としたブランディングやプロモーションを数多く手がけました(寄稿している新建ハウジングプラスワンの連載もそれがテーマでした)が、今年もいくつか手がけることになっています。

モデルきか前に相談がある場合と、おおよそのアウトラインが決まってから話が来る場合と、大きく二つのパターンがありますが、今年の場合、消費税増税というトピックがあることをどう捉えるかが、モデル成功の鍵となると言えます。

絶対条件として、(大きなトレンドを押さえた上で)増税後の市場に対応できるモデルハウスになっているかいうことがあります。

想定施主、価格帯、性能、テイストなど、自社の強みを具現化しつつ、二極化がさらに進むであろう今後の住宅市場に対応できるものになっているか、その点は、どこの時点の依頼であってもまず確認します。

e0093018_1048888.jpg


漠然と工務店で家を建てたいと思っている方は、「建築家やハウスメーカーみたいな家を自分たちの要望も取り入れて、安くつくりたい」と考えている方が多いので、いままで通りその層を狙うのか、建築家に負けない設計力やセンス、ハウスメーカーに負けない対応力などを身につけて、そうした既存の工務店像でない家づくりのスタイルをブランディングしていくのか、モデルハウスを計画する際にはしっかりと考えていただけたらと思っています。

よくある失敗は、経営者は二極化した上の層を狙いたいと思っているのに、現場サイドはいままでの顧客層に応えたいと思っていて、「こんな高い家は売れない」とか、準富裕層向けのモデルをつくったあとに「高そうって言われるので敷居を下げたい」というようなことを言いだすパターン。

これは、計画時にちゃんと想定施主が社内で共有されていないために起こる問題です。

プロモーションで「上」の層を呼び込むことは可能ですが、体制がそれに対応できるものになっていないと、ずるずると前の層に戻ることになります。

もっとも、ずるずる下がるということは、そこに需要があり、そこに対する対応力もそれなりにあるという訳ですから、そこを受注してもきちんと利益が出る家づくりを考えておくという手もありだと思います。

市場のφは小さくなる一方ですし、ボリュームゾーンの子育て世代の住宅取得予算も低下しているのは間違いないところですから、そうした現実的な「落としどころ」も意識した上で、今年のモデルハウスのプロモーションは考えていきたいと思っています。
[PR]
by adsan | 2016-02-04 10:51 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

ブランディングセミナー@博多

昨日は博多にて九州の工務店10社に向けてのブランディングのレクチャーを。

[PR]
by adsan | 2015-06-23 09:20 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

東京藝大 映画編集公開講座

昨日は誕生日ということで、ブログはお休みしました。

e0093018_23464920.jpg
そんな49歳初日に、東京藝大の映像研究科主催の「映画編集公開講座」を受講してきました。

講師は、映像編集の宮島竜治さんと映画監督の西川美和さん。

会場は上野でなく、横浜の馬車道校舎。
e0093018_23501428.jpg

講義に先立ち、講師のお二人が関わった映画「夢売るふたり」上映。
e0093018_23485554.png
はじめて見ましたが、西川さんの女性ならではの心理描写と、宮島さんの緩急をつけた編集が絶妙な映画でした。

後半は、その「夢売るふたり」の映像素材を使って、違う視点で編集するとどうなるかをfinal cut proを使いライブで編集。

簡単にいうと、ある場面の編集を鈴木砂羽さんの心情描写から香川照之さんの存在感を増す方向に変えたのですが、
素材は同じでも編集を変えるだけで、見る側に与える印象がかなり変わることにビックリ。

プロデューサーと映画監督、編集の関係や仕事の仕方など、普段垣間見ないところもよくわかり、
13時から19時までと長丁場な講座でしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。


映画同様に、ブランディングも「編む」力が重要です。

誰に向けて、なにを強調し、どこを捨てるか、
第三者の立場だからできることをこれから追求していきたいと思います。










[PR]
by adsan | 2014-03-16 08:00 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

ものづくりとマーケティングのバランス感覚

今週は撮影行脚。この日は山梨へ。

大雪で一週間延期された見学会物件の撮影です。

お話を伺うと4日ほど孤立していたみたい。
よく一週間遅れで済んだなと。

e0093018_00243705.jpg
家庭菜園のある町なか田舎暮らしの家。

e0093018_08590176.jpg
工務店が手掛ける木の家として、市場とのマッチングを含めいいバランスでまとめられています。家具・小物・外構等、撮影用の準備も完璧。

最近のお客さんの動向を見ていると、駆け込み後でも予算的に余裕のある方は動いているようなので、今回もいい出逢いがあることを期待してます。


ということで、午前中にサクッと撮影を終えて、ランチがてら甲府駅前の「甲州夢小路」を散策。明治・大正・昭和初期の甲府城下町を再現したという商業施設。

e0093018_08551438.jpg
e0093018_07483685.jpg
e0093018_07281932.jpg
e0093018_07282759.jpg

e0093018_07291224.jpg
e0093018_07292913.jpg
e0093018_07293726.jpg
e0093018_07491410.jpg

木・鉄・石・瓦・土などの天然素材を用いて、経年変化も利用したデザインがなされています。この手の観光スポットにありがちなハリボテ感がないのがいい。

こちらも、ものづくりとマーケティングがいい線でまとめられてるなと感じました。







[PR]
by adsan | 2014-03-14 08:00 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(1)

寿司がおいしくない寿司屋にて

この日は、愛知県西尾市へ。次回見学会物件の撮影とプロモーションの打ち合わせ。
e0093018_19150871.jpg
奥さんはかみさんと同じ大学で同級生、愛車はボルボ、愛犬はレトリバーと、なぜか似た境遇(笑)のイシハラスタイルさんです。

e0093018_19151830.jpg
撮影箇所が限られたので、メインカット以外はイメージっぽい写真で。

e0093018_19152539.jpg
撮影小物としてアラジンを用意してくれてあったので、点火してもらいました。
ナリは小さいですがそれなりに暖まります。


撮影が終わり、「寿司はおいしくない」(苦笑)という寿司屋へ。
というものの、けっこう繁盛しています。
そういう立ち位置、認知のされ方もありか、と妙に納得しながら打ち合わせ。

どのあたりのお客さんに来てもらいたいかで、プロモーションのやり方も変わるのですが、
今年のアドブレインのテーマ「際」の発想で、
ど真ん中狙いでなく、市場を見据えながらベクトルは定めつつも間口は広めでいく方向に。

アーキテクトビルダーは、ついつい「建築家」を志向しがちですが、
あくまで限定された地域で家づくりをする存在ということを忘れてはいけません。

自己満足でなく、市場から必要とされ、愛される存在になる。

その方向で意見が一致してよかった。

ちなみに、ごちそうになった牡蠣フライ定食はおいしかったです。(笑)写真はありません、あしからず。


[PR]
by adsan | 2014-03-13 08:00 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

SNSできない国で無理矢理SNS。

久しぶりに上海に来てます。

相変わらず、ネットでのSNS規制が行われていて、普通にはFACEBOOKやブログにアクセスできません。

一度、なぜか入れたんですが、その後また入れなくなり、しかたないのでBlueSurfaceなるソフトをMBAにインストールしてみました。

e0093018_6415931.png


これを使うと中国国内からでもFACEBOOK等にアクセスできるはず…が、やはりダメ。

こうして、エキサイトには入れましたが、このソフトはスマホにはまだ対応してないようですし、FACEBOOKになれてしまうとブログの更新は面倒ですね。(苦笑)

追伸
しばらくして試したら、今度は入れました。

??? とにかく、SNSするには不便な国です、中国は。
[PR]
by adsan | 2013-03-13 06:50 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

ブランディング勉強会

この日は、丸1日かけて、工務店の主要スタッフと広報・販促の打ち合わせ。午後からはブランディングについてのレクチャーを行ってきました。

e0093018_11541027.jpg


ブランドを考えるのに、商品や企業をあえて「人」に例えてみるという手法があります。

ここでは、工務店全体、パイロットショップ、そして、新ブランドの事業の3つをそれぞれ「人」に例えてもらうワークを行いました。男性・女性・年齢・性格・服装・趣味などできるだけ具体的にあげてもらうと、それぞれのブランドイメージが明確になります。

小さな工務店だと社長のイメージになりがちですが、大きな会社だと会社の社風や体質がそのイメージになります。

スタッフだけでなく、お客さんにも聞いてみると、意外と思っているイメージに違いが出たりしますので、これも住まい手取材時に聞いてみるとおもしろいと思います。
[PR]
by adsan | 2013-01-22 11:58 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)

下野の家 オープンハウス

e0093018_16444510.jpg
先週末は、栃木県は下野市に完成した伊礼さんの最新作のオープンハウスに行ってきました。午前中タニタハウジングウエアさんのスタッフに簡単な撮影講座を開催、午後からは「住宅デザイン学校」の会員さんたちとまったりひなたぼっこをしながら、居心地のいい家で過ごさせていただきました。

e0093018_16474764.jpg
たっぷりとした敷地を活かしたのびやかな平屋の家ですが、気持ちのいい方向に「開く」ため、ダイニング部分は変形させてありました。撮影講座をやるには、少々難易度の高い物件だったかも。(苦笑)

e0093018_16504186.jpg
奥は玄関からも直接アクセスできる和室。

e0093018_16572498.jpg
こちらはお昼をいただいた倉井食堂の「ホルモン定食」。白飯やビールがススム味付け。(笑)
[PR]
by adsan | 2012-01-30 16:59 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(2)

i-works説明会

e0093018_17291773.jpg
伊礼智さんが以前から提唱していたプレタポルテな家づくりがいよいよ本格始動するということで、そのプロジェクトのプロモーション担当として、説明会に参加してきました。

このi-works、運営母体はOMソーラーですが、OMの会員工務店も参加可能というOMという垣根を越えた画期的なプロジェクト。OM内外で70名以上の参加者がありました。

アドブレインにはパンフレットの依頼があったのですが、ツールありきの発想をしていないので、今回のプレゼンでは、見込み客とのコンタクトポイントにおいてなにが必要かをまずお話させていただきました。のちの三浦さんの話にも出ましたが、「共感」を生み出す、「たしかさ」を伝えるツールをそれぞれ提供していきたいと思ってます。

最後に講演いただいた三浦さんからは、住宅予算が低下しているいまの市場のなか、「その他大勢」から抜け出すために、また、今の市場にはびこる「こんなもんでいいや病」に負けないためのひとつの方法として、このi-worksがあるのではないかという示唆をいただきました。それ以外にも三浦さんらしい視点で市場を解説いただき、そうした状況下でi-worksが果たす役割が明確になったと思います。

まだまだ詰めていかなくてはいけないことがたくさんあるプロジェクトですが、このi-worksに可能性を感じた仲間と一緒に考え、悩み、実践していけたらと思っています。
[PR]
by adsan | 2011-11-16 17:33 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(2)

GOOD DESIGN EXPO 2011


e0093018_18255780.jpg
今年も見てきました、GOOD DESIGN EXPO。昨年はのんびり見学しましたが、今年は、来年エントリーしたいというクライアントがいるため、展示方法まで詳細にチェックしてきました。


e0093018_18305474.jpg
今年は震災の影響か、ほとんどエコや環境、エネルギーをテーマにしたものが目立ちました。逆にいうとエコだけでは差別化にならないので、エコな上になにかプラスで提案が求められるはずです。これは市場でも同じで、住宅のエネルギー問題は避けて通れないですが、それだけを一生懸命やっていてもダメってこと。そこで差別化にしようと思っている工務店はいずれ辛くなると思います。


e0093018_18265669.jpg
町の工務店ネットも広めのブースで頑張ってました。見せ方が似通ったところが多いなか、すっきりしたブースで目立ってましたが、内容や表現ともに新しさより懐かしさを感じてしまったのは、自分がOM出身のせいでしょうか。(笑)


e0093018_18272275.jpg
住宅・建築関係の審査員はご覧のお三方。どういう作品を評価するか、発表が楽しみです。
[PR]
by adsan | 2011-08-29 18:35 | 今日も出張ってます。 | Trackback | Comments(0)