カテゴリ:abワークショップ( 20 )

カメラことはじめ 開催しました。

「カメラことはじめ」と題した写真の勉強会を東麻布のサロンで開催しました。

8名限定での贅沢な勉強会。

e0093018_16163529.jpg
コンデジ・ミラーレス・一眼レフといろいろなカメラを持った参加者が集まりました。

今回は、セミナータイトル通り、カメラの基本的なしくみと設定を知るための講座。

「カメラを買ったものの、オートでした撮ったことがない。」
「なんか、ぱっとした写真が撮れない。」

そんな方向けの内容で構成しましたが、突っ込んだ質問も出て、3時間のセミナーはあっという間に終了。

最初の座学では、「うーん、難しい!」という声も聞かれましたが、実習を終えると

「いろいろ付いてるダイヤルの意味がようやくわかった」
「絞りの大切さを教えてくれてありがとう」

と、絞りとシャッタースピード、ISOの関係をはじめ、カメラで設定できることとそれによって得られる効果をご理解いただけたようでした。

なにより、「楽しかった」という声が多かったことが一番の収穫でした。

e0093018_16232542.jpg
懇親会でもこの笑顔。(笑)

やはり、写真は楽しくないとね。(笑)
[PR]
by adsan | 2015-02-20 16:36 | abワークショップ | Trackback | Comments(2)

アーキテクトビルダーのための経営セミナー

アドブレインのクライアントのほとんどは、いわゆる「アーキテクトビルダー」と言われている工務店です。

e0093018_15254269.jpg
写真は、この3連休岩国にて見学会を開催するヨハネハウスさんの物件

住まい手取材をすると特に感じるのですが、とにかく「いい家」づくりに対する探求心と、仕事の仕上がりに対するこだわりが半端なく、お客様の満足度もすこぶる高いのが特徴です。

ただ、気になるのは、利益度外視で「奉仕」してしまっていることが多いこと。

サービスもきちんと計算のうちに入っていて、きちんと利益が確保できていればいいのですが、いきおいでいろいろサービスしすぎて、最終的に期末で〆てみて、はじめて今期どうだったのかがわかるという方も実際のところ多いようです。

経済が右肩上がりの時はそれでもなんとかなりましたが、人口も着工戸数も減少し、受注単価も下降傾向にある今、そうした「どんぶり勘定」では、利益を生み出す仕組みが構築できず、倒産・廃業という結果的にお客さんに迷惑を掛ける結末にもなりかねません。

利益最優先の見えないところで手を抜く経営でなく、いいものをつくりながら、正しく感謝され、きちんと利益を出していく工務店になるにはどうしたらよいか…そんなテーマの経営セミナーを企画しました。

講師には、工務店の経営指導で定評のある株式会社組織デザイン研究所専務取締役の才木正之氏をお招きしました。

実はひょんなことで才木氏が勤める税理士事務所の方とお知り合いになり、お互いクライアントが地域工務店だということで意気投合して、今回のセミナーにつながりました。全国の優良工務店からひっぱりだこな才木氏ですが、お忙しい中時間をつくっていただきました。


e0093018_1521225.jpg

才木 正之 (株式会社組織デザイン研究所 専務 )

1971年大阪市生まれ。株式会社組織デザイン研究所専務取締役。大阪府立大学経済学部卒業後、税理士小笠原士郎事務所に入社。財務管理をバックボーンに、経営計画の推進、企業変革、後継者・管理者の育成を中心にコンサルティングやセミナーなど幅広く活動。『儲かり続ける会社作り』の実践指導に定評があり、そのセミナーは分かりやすい解説と、経営感覚に満ちた明快な切り口で多くの支持者を持つ。特に住宅業界の経営指導では、下請け工務店から元請け工務店への変革、3年で工事粗利18%から32%への業績改革といった実績を持つ。


セミナー概要はこちら

日時: 11月25日(火) 13:30〜17:00

会 場 :「御堂筋税理士法人」セミナールーム (大阪市中央区北浜三丁目)
参加費 : 20,000円(税別)      ※工務店学舎会員は、10,000円(税別)      
対 象 : 地域工務店・経営者・経理担当者・設計事務所
定 員 : 15名(工務店学舎会員優先)
締 切 :2014年11月21日(金) 13:00

※講義終了後に講師を招いて懇親会を行います(自由参加)
※参加者向けに、「いい家づくり」のヒントになるオプションツアーも企画してます。


「いい家を建てている自信はあるけど、さっぱり儲からない。」

「決算してみないと、儲けが出たかどうかわからない。」


そんな行き当たりばったりな経営とは、11月25日でぜひ「おさらば」してください。(笑)


10/22現在、残席9名様になっております。ご希望の方はお早めにこちらからお申し込みください。
[PR]
by adsan | 2014-10-10 15:35 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

自分たちがやりたい建築を作り続けるための勉強会

今週はじめは、プレゼンデーでした。

2件連続だったのですが、2つとも一発ok。こちらがやりたい企画をすんなり通すことができました。

週のなかばは、伊礼さんの最新作の構造現場へ。

また仕上がってはいませんでしたが、いつもの設計作法に基づいたもので、庭もいつも通り荻野さんが手掛けるとのことで、仕上がりが楽しみな物件でした。

やりたいことを実現できるとモチベーションもあがりますし、なにより仕事をしていて愉しいものです。

一方、よく「お客さんの要望を聞かざるを得なくて、思い通りの設計ができない」と嘆く工務店、設計士の方の声をよく聞きます。

住宅デザイン学校などで設計を勉強しても、結局お客さんのあーしたい、こーしたいに押し切られて、不本意なプランになってしまうというのです。

この差はどこで生まれてくるのでしょうか?

いくらいいものをつくることができても、その伝え方がうまくないと、自分たちの思いをカタチにできません。

住宅デザイン学校では、いい建築のつくり方を学んでいただいてますが、その伝え方を学んでいただくことで、最終的な建築というカタチにまでもっていっていただきたいという思いから、今年、「工務店学舎」を立ち上げました。

8月の公開講座は、まさにそうした「伝え方」の実践講座です。

ゲスト講師として、木質系のマンションリフォームで確固たる地位を確立した小谷さんにご登壇いただくことになりました。

e0093018_1632930.jpg
写真は昨年の講座の様子

彼もまたぶれない家づくりが実践でき、市場から支持されているひとりです。

実際にどんなマンションリフォームを行っているかという建築的な話も少し織り交ぜながら、どうすれば、自分たちがやりたい家づくりが可能になるのか、市場とのコミュニケーションのあり方を、みなさんとワークを通じて考えたいと思います。

開催要項 

開催日 2014年8月22日(木) 13:30-17:00
開催場所 自由学園明日館
募集 15名

e0093018_16291313.jpg


お申し込みはこちらからどうぞ。
[PR]
by adsan | 2014-07-10 16:38 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

写真徹底講座 「人を撮る」

工務店学舎のシリーズセミナーのひとつであり、今年の目玉企画でもある「写真徹底講座」がいよいよスタートしました。

第一回は「人を撮る」。

工務店でもスタッフを撮ったり、住まい手を撮ったりする機会が多いと思うのですが、なかなかうまく撮れないという声を多く聴くので、初回のテーマはこれに設定いたしました。

とはいえ、プロのモデルを入れた撮影会風なセミナーだと、モデルが表情やポーズをつけてくれるので、自分がうまくなったと錯覚してしまうだけ。

そこで、「一般ピープル」からどう魅力を引き出すかを教えてくれる講師をお招きしました。

ということで、講師をお願いしたのが、この方、渕上真由さん。

e0093018_11294267.jpg

もともとはコーチングをしていたという彼女、「未来の希望に気付いた人の顔は、なんて美しいのだろう」と感動し、セッション後に写真を撮り始め、いまでは主催するセミナーはすぐに満席、全国から引っ張りだこのフォトグラファーです。

e0093018_11301959.jpg

撮影講座というとテクニックに走りがちですが、今回は、そうしたライティングやカメラの設定という前に、被写体となる相手とコミュニケーションをどうとればよいかということから学んでいただきました。

e0093018_113143.jpg

その甲斐もあり、半日に短い時間でしたが、セミナーのはじめに撮った写真とそのあとの写真では、みなさん明らかにいい表情を引き出せるようになりました。

e0093018_11315679.jpg
参加者の作例

なにより、「写真を撮るのが楽しくなった」という感想が多く聞かれたのが一番の収穫。

次回は、「建物を撮る」。

実際にモデルハウスをお借りして、建物を上手に撮るコツを学んでいただきます。

写真講座の案内はこちらから
[PR]
by adsan | 2014-04-21 11:28 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

2014ブランディングセミナー開幕。

昨年も好評だったブランディングセミナー、今年も全5回で開催されますが、その1回目が自由学園明日館にて開かれました。

さすがに年度末、増税直前、2月の大雪後遺症とトリプルパンチでやむなくキャンセルの方が数名出てしまいましたが、それでも全国からリピーターの方も含めてご参加いただきました。

初回の講師は、昨年最終回にご登壇いただいた星加ルリコ(ルリコプランニング)さん。
e0093018_18144111.jpg

星加さんとは彼女が都市計画のコンサル事務所で企画畑の仕事をしていたときに知り合ったのですが、その後地元神戸に戻られ独立。女性らしい感性を持ちながら男性的な論理的な組み立てもできるブランドプロデューサー・アートディレクターとして、神戸市や神戸ビーフ、R1/Fなど大手のブランディング・プロモーションを手掛けるなど不動の地位を確立。同業の自分にとってもいつも刺激をたくさんもらっている存在です。
e0093018_18152467.jpg
さて、そんな星加さんの講義のスタイルは、いつも「しつもん」で進みます。
自分のなかに答えを探してみると、わかっていること、わからないことが明確になり、
講義の内容もすっと自分のなかに落ちてきます。

e0093018_18173633.jpg
それにしても、今回はこの忙しいなか時間をつくって来ていただいた方ばかりでしたので、
いつになく、受講者の意気込みがすごいというか、真剣だったと感じました。


後半は、「ワールドカフェ」で。

具体的には、それぞれのテーブル毎に机上の模造紙に自由にメモを描きながら20分程度の話し合いを行う手法です。これをメンバーを変えながら3回程度行います。それぞれのテーブルで出たアイデアが「他花受粉」するようなイメージで、テーマに対する「文脈(コンテクスト)」が短時間で深まり、大変盛り上がる効果があるといわれてます。
e0093018_18181517.jpg
ファシリテータが手を上げたら、参加者も手をあげてテーブルチェンジ。


e0093018_18360295.jpg
最後に元のテーブルに戻って、発表して終了。

実はこの手法を体感してもらうのも、今回の狙いでした。というのは、ブランディングは経営者の理念も大事ですが、それをスタッフや協力会社の方と「共有」することがとても重要だからです。

その点で、今回参加いただいた方から「会社に戻ってぜひやりたい」という声が聞かれたのは、大きな収穫でした。

次回は5月、この体験をもとに、具体的に自社のブランドについて掘り下げていきます。

今後のブランディング講座のスケジュールはこちらからご確認ください。スポット受講も可能です。





[PR]
by adsan | 2014-04-01 08:00 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

春の公開講座のお知らせ

「工務店学舎」の春の公開講座の日程・内容が決まりました。

タイトルは、「この春のプロモーションレビューから見えてきた生活者動向」
e0093018_09075038.jpg

アドブレインでは、ブランディングと並行して、プロモーションも数多く手掛けていますが、消費税増税後に行ったプロモーションを総括しながら、増税後に動いている生活者の傾向と出逢い方を学んでいただこうと思っています。

そして、今回も建築関係者とのコラボでやります。
e0093018_09082296.jpg

前回は建築家の若原一貴さんをお招きしての開催となりましたが、今回は日本ボレイドの浅葉さんが登壇されます。


「また、なんでシロアリの話?」と思われる方も多いかと思いますが、羽アリが飛び出す季節を前に、意外とちゃんとわかっていないシロアリのことをプロ中のプロから学んでいただくことで、安心して永く住むことのできるたしかな家づくりをすすめていただければという考えから、講演をお願いすることになりました。

それに加え、浅葉さんはセルフブランディング含めてブランディングとしても成功されている方ですので、そのあたりも直接お話いただくことで参考になるところがあるのでは?という思惑もあったりします。会の後半はワークショップを行いますので、私以上に全国を精力的に飛び回っている浅葉さんからもいろいろ聞き出したいと思っています。(笑)


「伝わる方法」だけを学ぶのでなく、心地よい設計・たしかな施工・健全な経営とセットで考えるのが、この「工務店学舎」のコンセプトでもあり、今後もいろいろな方とセッションしていきますので、ご期待ください。

日時:4月11日(金) 13:30〜17:00
会場:自由学園明日館(豊島区池袋)

お申し込みはこちらから。「工務店学舎」会員の方は無料のセミナーとなります。

ブランディング講座、プロからプライベートレッスンで学ぶ写真徹底講座も好評受付中。





[PR]
by adsan | 2014-03-19 09:14 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

2014、春のセミナー情報

3月後半から、いよいよ各種セミナーが本格的に開講します。

まずは、工務店 ブランディングセミナー2014。

e0093018_2337089.png


昨年好評だったブランディングセミナーとセルフブランディング講座を1本化して再構築しました。

初回は3/28(金)、自由学園明日館にて、神戸市や神戸ビーフなどのブランディングを手掛ける星加ルリコさんによる講義と「ワールドカフェ」形式のワークショップ。

ブランディング体験を参加者のみなさんでシェアしていただきます。

このセミナー、

「まわりがみんな自然素材や地元の木の家を謳いだし、差別化できなくなった」

「ハウスメーカーも軒並みエコ路線になり、エコハウスを謳っても市場に響かない」

そんな悩みをもってらっしゃっるみなさんに、まず「ブランド」とはなにかを知っていただくために企画しました。

4月の第2回では、自社のブランディングのタネを見つけていただきますが、そこでの理解を高めるためにも、この2回はぜひセットで受けていただけたらと思っています。

ブランディングセミナー2014の詳細はこちら
[PR]
by adsan | 2014-03-11 08:00 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

新しい家づくりの学び方を学ぶ

e0093018_10401923.jpg

鹿児島のアーキテクトビルダー「ベガハウス」が、経営・設計・営業・施工すべてに関わってサポートした取り組み、「くおんの家」プロジェクトを見る見学会&セミナーを開催します。

これまで、パッシブシステム(地熱)以外に明確な売りがなく、低下する予算に悩まされてきた工務店が、本当に心地よい家づくりに出会い、それを目指そうと決意し、三重と鹿児島を何度も往復してつくりあげたショーホーム「くおんの家」。

e0093018_10405297.jpg
それは、ベガハウスがこれまで、伊礼智さん・中村好文さんといった住宅作家、家具作家の村澤一晃さん、造園家の荻野寿也さんといったスペシャリストとのワークショップで育んできた、ゆたかな住まいのDNAを確かに受け継いだ住まいです。

今回は、その「くおんの家」ショーホームをご覧いただきながら、新しい家づくりの方法を学んでいただく勉強会になります。

経営者だけでなく、設計、現場担当、そして大工さんまで、気づきの多いセミナーとなること間違いなしです。

ぜひ、スタッフのみなさまとご参集ください。


開催要項

日時 2013年10月29日(火)
場所 三重県鈴鹿市白子


1. 見学&現地解説:ショーホーム「くおん」の家

13:00-16:30  参加費:5,000円/名

e0093018_10413664.jpg

ベガハウスの設計作法でつくられたショーホーム「くおんの家」。その建築家仕込みの凝ったディテールを初めての施工で構築できた秘訣について、社長の辻さんをはじめ、大工さんに現場で解説いただきます。荻野さんが手掛けた庭も必見です。


2. セミナー&懇親会

17:00-20:00  参加費:10,000円/名

くおんの家プロジェクトの全貌をお話しながら、続く懇親会で深堀りしていただきます。

「家づくりは変えられる」  ベガハウス代表 八幡秀樹

気づきから行動、そして覚悟まで、このプロジェクトの経緯と今後の方針について、ベガハウスの八幡社長と久友建設の辻専務にお話いただきます。

「客層も変えられる」  アドブレイン代表 塚本浩史

これまでに出会ったことのない客層とどう出会うか?「くおんの家」のブランディングを担当したアドブレインから、その手法と得られた成果について解説します。

※会場集合となります。最寄り駅 近鉄白子駅 徒歩10分
※セミナー・懇親会会場は見学会場近くとなります。
※三重県の設計事務所・工務店の方は、お申し込み前にご相談ください。

お申し込みはこちらから。
[PR]
by adsan | 2013-10-08 09:05 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

ブランディング講座最終回 プレゼンテーション

e0093018_12115861.jpg

全5回で企画した小さな工務店、設計事務所のためのブランディング講座も今回で最終回。4回の講義を元に参加者に自社の家づくりをプレゼンテーションしていただきました。

e0093018_12121117.jpg

審査員として、昨日に引き続き星加ルリコさんに参加していただき、(正確にいうと、こちらが先に決まっていて、前日のイベントにも参加してもらったというのが正しいですが)それぞれ5分という短い時間でのプレゼンテーションを講評いただきました。

e0093018_12123464.jpg
プレゼンテーションについては、5分間という時間の制限だけで、表現方法は参加者のお任せとしましたが、トークだけの人もあれば、パワーポイントを駆使したプレゼンの方もいて、個性溢れるものになりました。

e0093018_12122459.jpg

ここで改めて気づかされたのは、トークだけのほうが話に集中できて、想像力も膨らみ、どんな家をやっているのかホームページを見に行きたくなったり、いろいろ質問したくなったりしたこと。

e0093018_1220294.jpg

無論、興味を引き出すためのストーリーやフック、明確なビジョンがそこになくてはいけませんが、5分という限られた時間のなかでは、すべてを説明しきろうとするのでなく、注目させ、興味を引き出すというところに注力したプレゼンテーションもアリだということが、体感的によくわかりました。

e0093018_12131176.jpg

公開審査の末、「こころがざわざわする」というキャッチーなコピーと、町の歴史、自身の思いを家づくりにつなげたプレゼンで最多の会場票を獲得した飯田陽子さんが最優秀プレゼン賞に。

e0093018_12132431.jpg

木訥とした話し口と、会ってみたくなるご夫婦の写真で審査員票をまんべんなく獲得した菱田恵史さんが特別賞に。ゲスト審査員の村田さんから、放射温度計をプレゼントされました。

e0093018_1213345.jpg
第3回の講師をお願いした阪野ルリコさんからも、感想をいただきました。彼女の話しぶりからプレゼンの極意を感じ取った方も多かったのではないかと思います。

毎月遠方から参加された方も多く、参加するだけでもたいへんだったとは思いますが、「どういう方向で今後やっていけばいいか、道筋が立てられた」という声も多く聞かれ、参加者のみなさんそれぞれがブランディングに向けて一歩踏み出せたセミナーになったようです。

これで1期生の講座は修了しましたが、頃合いをみて2期生の募集をしたいと思ってます。
[PR]
by adsan | 2013-10-01 12:22 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)

セルフブランディング講座

9/26(木)に自由学園明日館にて、セルフブランディングのセミナーを開催しました。

5回のブランディングセミナーのなかでもセルフブランディングについては少し触れているのですが、ブランディングを追求していくと、最後には「人」にいきついてしまうので、まずは経営者なり、顧客と接するスタッフがご自身について見つめ直してもらおうということで、そこにフォーカスしたセミナーをスピンアウトで開催することにしました。

e0093018_891073.jpg
まずは、私塚本から、人気のテレビドラマを題材にセルフブランディングについて解説。コーポレートブランディングに通じる5つのポイントについてもお話しました。

e0093018_8134033.jpg
続いて、神戸市や神戸ビーフ、RF1などのブランディングを手掛ける星加ルリコさんから、ブランドをどう伝えていくかという「コミュニケーション」についての講義。「他己紹介」や「男性脳・女性脳テスト」など、ワークをまじえて参加者のみなさんにわかりやすく体感していただきました。

e0093018_8165130.jpg
第3部は、「自分を引き立たせる色探し」と題して、パーソナルカラーについて、カラーライフコンサルの柴谷聡恵さんから、「見た目」と「色」の重要性について、グループワークも含め、2時間みっちり学んでいただきました。

1961年にアメリカ大統領となったジョン・F・ケネディは選挙活動のイメージ戦略にパーソナルカラーを活用し、自分の支持率を上回る現職副大統領のニクソンに勝利したといわれています。

ケネディの好印象の理由の1つは、彼が着ていたスーツの色。

演説の時、若手のケネディは濃い色のスーツを身につけることで、信頼感のある印象を聴衆に印象づけたのです。

e0093018_824411.jpg
そんなエピソードも交え、好印象を与えるためにはどうすればよいかというポイントをまず理解してもらった上で、柴谷さんにはパーソナルカラーの探し方を実演していただきました。

e0093018_8261547.jpg
最終的には柴谷さんが全員のパーソナルカラー診断を実施。

半日の講義を三人の講師で回したので駆け足にはなりましたが、「充実していた」という声を多くいただき、「楽しくてタメになる。理屈と実践がわかる。」というアドブレインらしいセミナーになったとではないかと思ってます。
[PR]
by adsan | 2013-09-30 08:33 | abワークショップ | Trackback | Comments(0)