カテゴリ:未分類( 9 )

小規模事業者持続化補助金の概要

昨日記事をアップした関係で、いくつか問い合わせが舞い込んできております。

小規模事業者持続化補助金事業の概要を転記しておきますので、活用希望の方はまずこちらをご確認ください。


経営計画に基づいて実施する販路開拓等の取り組みに対し、原則50万円を上限に補助金(補助率2/3)が出ます。

計画の作成や販路開拓の実施の際、商工会議所の指導・助言を受けられます。

小規模事業者が対象です。

申請にあたっては、最寄りの商工会議所へ事業支援計画書の作成・交付を依頼する必要があります。依頼はお早めにお願いします。

※詳細は公募要領等でご確認ください。



◆補助対象者

小規模事業者[商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律(平成5年法律第51号)第2条を準用]

卸売業・小売業
常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業(宿泊業・娯楽業以外)
常時使用する従業員の数  5人以下

サービス業のうち宿泊業・娯楽業
常時使用する従業員の数 20人以下

製造業その他
常時使用する従業員の数 20人以下

◆対象となる事業

経営計画に基づき、商工会議所の支援を受けながら実施する販路開拓等のための事業

《対象となる取り組みの例》

(1)広告宣伝(広報費)
・新たな顧客層の取り込みを狙い、チラシを作成・配布

(2)集客力を高めるための店舗改装(外注費)
・幅広い年代層の集客を図るための店舗のユニバーサルデザイン化

(3)展示会・商談会への出展(展示会等出展費)
・新たな販路を求め、国内外の展示会へ出展

(4)商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更(開発費)
 ・新たな市場を狙って商品パッケージのデザインを一新


◆補助対象経費

1.機械装置等費、2.広報費、3.展示会等出展費、4.旅費、5.開発費、6.資料購入費、7.雑役務費、8.借料、9.専門家謝金、10.専門家旅費、11.車両購入費(買い物弱者対策の場合のみ)、12.委託費、13.外注費


◆補助率・補助額

・補助率 補助対象経費の2/3以内
・補助額 上限50万円

*ただし、

(1)①雇用を増加させる取り組み、②買い物弱者対策に取り組む事業者、③海外展開に取り組む事業者については、補助上限額が100万円

(2)複数の小規模事業者が連携して取り組む共同事業の場合は、補助上限額が「1事業者あたりの補助上限額」×連携小規模事業者数の金額となります。(ただし、500万円を上限とします。)

(3)上記(1)と(2)の併用は可能です。(その場合でも補助上限額は500万円を上限とします)


受付開始          2月26日 
申請書類締切       5月13日
採択結果発表       7月上旬
補助事業実施期間      11月30日


なお、申請すればすべてが通るというものでなく、審査のある補助金なのでその点はお間違いなく。

「補助金もらえたらなにかしよう」くらいの心構えでは正直採択されないと思います。

「この新規事業で経営を持続させるんだ」という気構えで臨んでいただける方には、こちらも全力で支援したいと思っています。





.
[PR]
by adsan | 2016-03-29 12:09 | Trackback | Comments(0)

住まい手取材から見えてきたこと

定期的の行っている住まい手取材。

今回は埼玉へ。

思い起こすと、前職時代にシンケンさんの住まい手27組を電通のメンバーと手分けして一週間泊まり込みで取材したのがコトの始まり。

e0093018_15501749.jpg
1996年発行のOMソーラーの機関誌。当時この編集長をしておりました。

このときはアンケート調査とあわせて数字で残しましたが、そのときの住まい手の暮らしぶりや表情など、数字に表しにくいところを肌で感じることの大切さを感じて、独立してからもライフワークのように続けています。

今回の取材も、いまの時代の家づくりのキブンがとてもよくわかるものでした。

新中間層といわれるように、とにかく子育て世代の客単価が低下しているのがいまの市場。

かといって、建売やローコスト、デザイナーズFCのようなものでは満足できない層をこう呼んでいるのですが、今回取材した3家族ともまさにこの層でした。

家に掛ける予算は決まっている。

土地が高ければ、安い土地を探して遷り住んでもいい。

その一方でクルマはコンパクトな輸入車だったりする。(クルマにもお金掛けない層もあり)

ただし、自然素材はあきらめきれない。

庭や、照明、家具にはこだわる。
e0093018_1550284.jpg
e0093018_1664172.jpg


…それが似合うディテールや寸法にもこだわる。

クラフトやハンドメイド、お菓子づくりが趣味。

e0093018_1551770.jpg




取材した印象をずらっと書き連ねるとこんな感じですが、暮らしは充実させたいが家には予算を掛けたくないというのがいまの住宅取得層の傾向であることが、ここ数年のなかで一番顕著に出た取材でした。

といっても、安ければなんでもいいかというとそうでもなく、予算はないけどあれもこれもしたいというムリなお願いを快く聞いてくれる工務店を探していて、「担当してくれたスタッフの対応力が決め手でした」のは3軒共通の答えでした。

つまり、「その予算ならこれしかムリ!」というプラン限定の規格住宅を、作り手都合で押しつけても成約には至らないということ。

新中間層向けということで、さまざまな規格住宅が取り上げられていますが、どんな暮らしでもOKというような特徴のない規格住宅やプラン限定型のシステムは、新中間層攻略(…攻略という発想もどうかと思いますが)の救世主にはならないという印象を今回の取材を通じて強く感じました。

工務店を選択した時点で、「つるし」の住まいを買うつもりはなく、なにかしら、思いをカタチにする「あつらえ」を期待しているはずです。「あつらえ」を期待しない層は、ローコストやパワービルダーに流れてきますから、工務店としてその層に向き合うには、中途半端に規格住宅をやるのでなく、工務店がもともと持っている強みと施主の期待値を一致させていくことに注力すべきだと思うのです。

冒頭話が出たシンケンさんは、その点ではフォルクスというシステム住宅に全面的に切り替えることで、システムであることが営業・設計・施工のそれぞれの面で最大限生きる仕組みをつくったところがすごかったのですが、そこまで踏ん切れないのでれば、この「あつらえる」を、どうコストを掛けずに、「あなたのためだけに」という思いが伝わるようにできるか、そこが工務店が提案する新中間層向けの家づくりのポイントになると思っています。

そんな思いから進めているプロジェクトや、そうした層に対しての情報発信の方法を学びたい方は、こちらでご確認ください。
[PR]
by adsan | 2015-06-03 18:04 | Trackback | Comments(0)

ロングライフ経営デザインセミナー@鹿児島

20年保証の加圧注入木材を提供するコシイプレサービングさんが、西日本で地域ビルダー経営者向けに「ロングライフ経営デザインセミナー」をツアー開催します。

第1弾は鹿児島。7/31に開催します。
e0093018_17103970.jpg



なんといっても講師陣が豪華。

新建新聞社の三浦社長と、パッシブハウスジャパン理事の松尾さん。

ロングライフをテーマとした経営論、設計論を展開します。

主催のコシイさんからは西岡さんが解体現場からわかった木造住宅の耐久性と題してお話されます。

鹿児島の工務店が対象ですが、遠方からの参加もokなようです。

お申し込みはこちらから。

私も当日は鹿児島入りしています。
[PR]
by adsan | 2014-07-02 17:12 | Trackback | Comments(0)

荻野さんの庭づくり

昨日は、伊礼さん設計、荻野さん造園の亀山建築さんの社屋まで。
e0093018_20482162.jpg


e0093018_1148216.jpg
ランウエイを彷彿させる、宙に浮いたようなアプローチ。ウォーキング中の荻野さん。(笑)


e0093018_20485524.jpg
今回の荻野さんの造園はいつもより、すっとまっすぐ「いけて」あります。


その理由は、二階の開口から見える国有地の木々にありました。

e0093018_2038286.jpg
そことつなぐことで、そこまで庭のように感じさせたいという狙いです。


e0093018_20382555.jpg
内部はまだ残工事があったので、とりあえずこの1枚だけ。ソトでもウチでもない空間が効いてます。


e0093018_20411334.jpg

オープンは木々が芽吹く頃になるとのこと。その頃再撮影するので、伊礼さん設計の内部のご紹介はあらためて。
[PR]
by adsan | 2014-03-09 09:57 | Trackback | Comments(0)

【重要】メールに関してのお願い

当社のメールアドレス、tsuka@ad-brain.net(およびホームページ)が、どうやら11日から12日午前中にわたって機能していなかったようです。(大汗)

この間、メールを送ったが届かなかった、または返信がないという方は、たいへんお手数ですが、再送をお願いします。

お手数お掛けしますが、よろしくお願いします。
[PR]
by adsan | 2013-03-11 22:06 | Trackback | Comments(0)

共感は添えるもの

e0093018_11362750.jpg

4月はイベント続きでしたが、連休直前に一番楽しみにしていたセミナーを開催しました。

「共感マーケティングセミナー」 

ここ1年くらいの仕事のなかで感じたこと、見えてきたこと、それが「共感」のたいせつさ。それをお伝えしたくて、強力な助っ人をお招きしました。

今回ゲスト講師としてお招きした玉来なおこさんは、いわゆる「一般人」でマスメディアでの露出がないのにも関わらず、facebookでのフィード購読が1万を超えてます。さらにすごいのは、いいねが時に3,000を超えること。このエンゲージメントの強さは尋常ではありません。

そんな、ファンづくりの秘訣を伺いつつ、彼女の人気プログラム「写真講座」も受講できるというお得な企画で開催しました。

第1部として、私から「共感」をどうブランディングに生かすかを解説。

私がライフワーク的に行っている「住まい手取材」で見えてきたことに、生活者の消費(あえて消費といいますが)行動の変化があります。

それは、「共感」が行動のきっかけになってきたということ。

「感性消費」と言い換えてもいいかもしれません。

これまで、インターネットは企業や商品の比較選択・購買のツールとして使われてきましたが、ここにきて、自分が共感できるものかを判断したりその共感を伝えたりするものに変わってきたように思えます。

例えば、ネットでプロダクト住宅を販売しようとしてもうまくいかないのは、その生活者心理の変化を把握できていないから。

そんな話を交えて、1時間ほど共感について事例を交えてお話させていただきました。

後半は、玉来さんにバトンタッチ。
e0093018_1131325.jpg


質問に対する答えをマンダラチャートに書き込んでもらい、それを参加者間でシェアしてもらうというカタチをとりながらの進行。
e0093018_11315928.jpg


あらためて自身に問いただすという手法は、ただ講義を聴くより確実に意識が高まります。セラピストという顔も持つ玉来さんらしいセミナーでした。

玉来さんの講義に印象に残ったは、「共感は大声で伝えるものではなく、そっと添えるもの」というくだり。次号の新建ハウジングプラスワンにも書きましたが、ソーシャルメディアはまさにそういう使い方をするツールだと思います。

参加者のみなさんからは、「自分がなんとなく感じていたことの理由が明確になり、もやもやが晴れた」という評価をいただき、参加されたみなさんそれぞれに「気づき」があったのではないかと思ってます。

e0093018_11303879.jpg

住宅デザイン学校では、建築家や業界紙とのコラボをやってますが、アドブレインとしては、他ではできないキャスティングで、おもしろいセッションを今後も奏でていきたいと思ってます。
[PR]
by adsan | 2012-04-30 11:51 | Trackback | Comments(0)

山陰紀行 続き

e0093018_22405814.jpg
ようやく浜松に戻ってきたので続けます。萩焼の三輪窯のギャラリーです。設計は三分一博志氏。

e0093018_22411339.jpg裏手から。

e0093018_22362932.jpg
ストーンハウス。こちらの設計も三分一博志氏。

e0093018_22364079.jpg
その名の通り、石積のなかに埋もれている家です。

e0093018_2331320.jpgこちらは、欅ガルテン。設計は田村浩一さん。

e0093018_22365610.jpg
土日のみ営業の贅沢なカフェ。

e0093018_2353544.jpg


e0093018_2333880.jpg

e0093018_22372267.jpg 細かいところに田村さんのセンスがにじみ出てます。

e0093018_22371422.jpg時の流れまできちんとデザインされてました。


以上、島根・柿木村はリンケンさんの仕事でした。まだまだ撮りましたが今日はこのへんで。
[PR]
by adsan | 2010-10-06 23:08 | Trackback | Comments(0)

インターネットは調べるから愉しむへ。

株式会社博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所が、「メディア定点調査2009」の調査結果を明らかにしました。

それによると、不景気の影響で生活者の在宅時間が増えたことによる「巣籠もり型メディア消費」に後押しされ、生活者のマス4媒体(TV、ラジオ、新聞、雑誌)とインターネット2媒体(PC、携帯)を合わせた1日のメディア接触総時間は、週平均で5時間24分で、昨年に比べ約5分増加しているそうです。

特にパソコンからのインターネットへの利用時間も増加傾向にあり、20代男性においては、パソコン利用がテレビの視聴時間を上回るなどの調査結果も明らかになっており、パソコンが完全にテレビに続く第2のメディアとして定着しつつあると言えます。

その要因として、YOUTUBEなどのパソコンの動画視聴サービスの浸透により、「情報を調べるツール」から「コンテンツを楽しむツール」へ、パソコンの価値転換が生じている可能性を、博報堂DYメディアパートナーズ メディア環境研究所では指摘しています。

これだけ見ると、短絡的に「ほら、やっぱり動画だ!」という結論になりそうですが、残念ながら、それに関する調査結果は10代と20代だけで、住宅取得層である30代、40代の動画視聴サービスの利用状況に関する調査結果は公表されていませんでした。(その年代を調査していないのかもしれません。)他の調査と照らし合わせると、動画サイトの利用者は20代男性が多く、30〜40代女性はあまり多くないようです。

もっとも、世代とか性別だけのセグメント、ましてその平均値で短絡的に分析・判断するのは、前エントリー同様どうかと思ってます。
[PR]
by adsan | 2009-07-01 21:22 | Trackback | Comments(0)

キノコトイエノコト2009

e0093018_11461570.jpg
今年も「ひょうご木のすまい協議会」さんからのご依頼で、情報誌を作成しました。

昨年制作したものが好評で、今後、年度版で発行することになり、今回は「住み継ぐ」をテーマに企画・編集。

表紙は、使い込んだ鉛筆をモチーフにイラストを描きおこし、「住み継げる」愛着の沸く家づくりを表現してみました。

超長期住宅というと、200万の補助金を前面に謳うことが多いようですが、そこにヒットする層を狙うより、モノを大切に使う層に向けてメッセージするほうが、いい結果が得られると思っています。
[PR]
by adsan | 2009-04-30 11:54 | Trackback | Comments(2)