東京藝大 映画編集公開講座

昨日は誕生日ということで、ブログはお休みしました。

e0093018_23464920.jpg
そんな49歳初日に、東京藝大の映像研究科主催の「映画編集公開講座」を受講してきました。

講師は、映像編集の宮島竜治さんと映画監督の西川美和さん。

会場は上野でなく、横浜の馬車道校舎。
e0093018_23501428.jpg

講義に先立ち、講師のお二人が関わった映画「夢売るふたり」上映。
e0093018_23485554.png
はじめて見ましたが、西川さんの女性ならではの心理描写と、宮島さんの緩急をつけた編集が絶妙な映画でした。

後半は、その「夢売るふたり」の映像素材を使って、違う視点で編集するとどうなるかをfinal cut proを使いライブで編集。

簡単にいうと、ある場面の編集を鈴木砂羽さんの心情描写から香川照之さんの存在感を増す方向に変えたのですが、
素材は同じでも編集を変えるだけで、見る側に与える印象がかなり変わることにビックリ。

プロデューサーと映画監督、編集の関係や仕事の仕方など、普段垣間見ないところもよくわかり、
13時から19時までと長丁場な講座でしたが、とても楽しい時間を過ごすことができました。


映画同様に、ブランディングも「編む」力が重要です。

誰に向けて、なにを強調し、どこを捨てるか、
第三者の立場だからできることをこれから追求していきたいと思います。










[PR]
by adsan | 2014-03-16 08:00 | 今日も出張ってます。


<< 春の公開講座のお知らせ ものづくりとマーケティングのバ... >>