忙しい今だからこそ、次を考える。

駆け込み受注や大雪の影響か、例年にも増して現場がバタバタしているところが多いように感じます。

プレカット工場や住設メーカーも雪で被害を受けたりと、現場以外でも影響があったせいか、撮影でお邪魔するといつもは完璧に仕上がっている工務店さんでも、残工事があったり外構が間に合っていなかったことも多くなってきました。

そんな状況ですが、1年先を見通すと棟数や売り上げなどの数字が見えていないところがほとんど。だからこそ、この忙しい時期に危機感をもって次の手を打つ必要があるともいえます。

e0093018_14211927.jpg

駆け込みのおかげもあり、今年は見学会を開く機会が多いはずなので、見込み客との接点は多くとれます。そのときに重要なのは、お客さんにブレのない工務店像を見せられるかどうかということ。見学会に来る度に、「ああ、やっぱり○○工務店っていいよね」とじわじわと自社のブランドイメージを染みこませることができるかが重要になってきます。(写真は家づくりも経営もブレがない扇建築工房さんの近作)

もちろん、見学会を開く度に「あ、こんなこともできるんだ」という新しい発見をしてもらうことも大切ですが、軸となるところはしっかり据えておかないと、「指名」してもらえる確立は低くなります。

ぶれない軸をつくるにはどうしたらよいか?

それには、まず「ブランド」とはなにかをしっかり理解して、それを自社でどう実現するか具体的に落とし込んでいくことです。

e0093018_14132254.png

今年、「工務店学舎」で開催するブランディングセミナーは、そうした「実になる」セミナーとなるよう、昨年からさらにブラッシュアップいたしました。

e0093018_13565086.jpg初回は、私の古くからの友人でもあり、行政や大手企業のブランディングで活躍されている星加ルリコさんにご登壇いただきます。

星加ルリコさんですが、行政や大手企業だけでなく、写真のように野菜のブランド化もやったりしてます。もともと設計事務所にいたこともあり、建築についての造詣もあり、業種・商品問わずブランドの本質について理解されています。昨年もスポットで講師をお願いしましたが大好評でしたので、今回はトップバッターとして登場していただくこととしました。


初回は「ワールドカフェ」という手法を用いて、参加いただいたみなさん全員が意見し交流する場としていきます。「ワールドカフェ」という手法そのものも、それぞれの会社で活かせるものですので、この手法もぜひ自社に持ち帰っていただければと思います。

すでに7名ほどの方から参加申込みをいただいておりますが、「○○工務店(自社)とはなにか」が一言で言えない方は、ぜひこのセミナーに参加して自社のブランドの軸を確立してください。

そこが定まらないと、なにをやっても中途半端になります。

これまで8年間工務店のプロモーションばかりをやってきましたが、少ない広告費で成功しているところと、たくさん広告費を使ってもうまくいかないところの差は、まさにそこにありました。

申込み締め切りは、3/24ですが、残り半分ですので締め切り前に定員に達する場合もございますので、これはいかねば!という方はお早めにお申し込みください。

スポット受講も受付していますが、初回と2回目はぜひセットで受けていただければと思います。

詳細・お申し込みはこちらから。

初回は、3/28(金)、自由学園明日館での開催となります。
[PR]
by adsan | 2014-03-04 16:31 | お知らせ


<< 今年はじめの撮影 前編 「工務店学舎」開校のお知らせ >>